歯並びをそのままにしておくとこうなる!

虫歯や歯周病を防ぐためにも綺麗な歯並びが大切

歯並びが悪い人は、歯と歯の間に隙間ができやすいものです。
毎日きちんと歯磨きを行っていても、隙間が多いとどうしても食べかすた歯垢が溜まりやすくなってしまいます。その結果、雑菌が増えて歯茎に炎症が生じたり、虫歯の原因になったりするのです。
歯並びが悪いまま放置しておくと、歯並びが揃っている人よりも虫歯などになりやすいというリスクが高まるのは否めません。歯を支えている歯茎も弱まりやすいでしょう。
歯は健康のために非常に大切です。しょっちゅう歯医者に通わなければならないのも厄介なものですよね。
将来、歯の病気に悩まされないためにも、いつまでも丈夫な歯で美味しくごはんを食べて健康でいるためにも、気になる歯並びは矯正して治しておくほうが良いといえるでしょう。

歯並びは顔や姿勢の歪みにもつながる

笑ったときに笑顔が歪んで見えるという人。別に細かい事務仕事などをしているわけでもないのに、常に肩こりがするという人は、歯並びが悪いせいかもしれません。歯並びは、顔や姿勢の歪みにもつながるのです。
歯並びが悪いと、噛み合わせも知らず知らずのうちにおかしくなってしまいます。上下の歯がきちんと合っていないために食べ物が噛みにくくて、左右どちらかばかりで噛んでいるという人もいるでしょう。
そのように左右どちらかに負担がかかり続けると、顔が歪んでしまう場合があります。また肩や首の筋肉にも悪影響を及ぼし、その結果何もしていなくても肩こりが生じるのです。
左右対称に口角が上がる綺麗な笑顔は、誰もが憧れるものですよね。肩こりに悩まされるのも辛いものでしょう。
そうしたトラブルを予防するためにも、綺麗な歯並びでありたいものですね。